さあ分解するぞ! キャブレター

2バレルのデュアルキャブにしたい!
なんて意味不明な事を言いだしていますが・・・
じゃあそもそもインマニ替えたら?
ですよね(-_-;)
とりあえず、着いてたキャブをばらしてみましょう^^
ホーリーキャブ (1)
まず・・・作業台を片づけて~
作業環境から!
ホーリーキャブ (2)
2つあるうちの片方より!
コキタナイです^^
ホーリーキャブ (3)
バレル部分を外します。
8個あるネジを外します。
インマニの中に落ちないように
最初から真ん中の2つは外して使っている方も多い事と思います。
これは全部ついてた
ホーリーキャブ (4)
一応ガスケット挟まっているんですね~
吸気量はこのポート径を図れば計算できるのでしょうけど・・・
面倒だ><
型番で検索したら出るのかな?
ホーリーキャブ (5)
加速ポンプを外してみる。
ホーリーキャブ (6)
ガッツリ貼り付いちゃってましたけど・・・
ゴムは完全に劣化しちゃってまして、よもやポンプにならず(-_-;)
交換ですねぇ
ホーリーキャブ (7)
ゴムカスも多々><
ホーリーキャブ (8)
フロートボウルを外します。
この中にガソリンが溜まるんですが~
今外している方はセカンダリー側
ダブルポンパーなら前後同じ構造でしょうけど
シングルなら後ろ側は?
ホーリーキャブ (9)
こんな感じで
ホーリーキャブ (10)
良く判りません(-_-;)
ここに貯める意味も解りません><
ホーリーキャブ (11)
この筒は前後のガソリンの通り道
ガソリンタンクより来たガソリンが片方のボウルに溜まったら
この筒を通って反対側に送られます。
解説するほどの物では無いですね(^_^;)
ここはOリングで密閉しているので、劣化しているでしょう。
ホーリーキャブ (12)
ここを外してみたいケド?
こんな工具ないので~
ホーリーキャブ (13)
幅の合うマイナスドライバーで回す
ホーリーキャブ (14)
外してみても・・・
良く判りません(-_-;)
ホーリーキャブ (15)
ガスケットも剥がしてみるも・・・
くぼみがある。
この小さな穴達は~
さっきの部品付けていると塞がった状態でしたよね?
一体どうなっているのでしょう><
ホーリーキャブ (16)
フロートボウル内
フロートボウルって呼び名適切じゃない?
ボウルになってないからな~
バイクのキャブだとそんな感じなんだけど・・・
フロートチャンバー?
まあ良いとして・・・
真鍮製のウキがありまして~
黒い線までガソリンが入ります。
黄色矢印部は油面確認穴であり、このキャブはネジで塞がってます。
デーモンキャブだとここがガラス窓ですよね^^
でもってガソリンがここまで入った時にウキが浮いて赤矢印の弁を閉じる
と言う感じで油面調整するのだ
弁の高さを変えて油面調整って事ですね。
固定で良いのでは?
だって油面上げるとこぼれるし・・・
これより下って事は無いんじゃない?
ううむ
変動できる意味も良く判らない(-_-;)
分解位は一気に書きたいが・・・
内容も薄いしね(^_^;)
だがしかし!
続きはあすなのだ!^^
mattweb.jp
ダイレクトマウントオイルプレッシャーゲージ

100psi油圧計 (2)
↑商品ページへGO!!
小さいサイズのオイル入り油圧計、燃圧計もあるよ^^

代引・振込・カード決済OK

コメント

タイトルとURLをコピーしました